No.0949、
言わなくてもわかる言葉ってあります。

アプリのプレゼン資料、、全て作り直しました。

名刺大のサイズしか与えられない中でのプレゼンは、如何に文字を大きくするかの戦いです。

そして、アプリの画面を如何に大きく見せるかの戦いでもあります。
ーーー

まあ、画像は差し置いて、、

文字を幾つか大きくする方法はあるんですが、、

まあ、無駄を省けば、文字数も減り、、その文字を大きく拡大して貼りつけることが出来ます。

それでも文字が小さかったら、、

真っ当な解決方法は2行書きにすることです。 それで駄目なら3行書きにでもしてください。
ーーー

私はそれ以外の方法も知っていまし、そえれは多用していたんですが、、

それでも小さい時は、、、

言わなくてもわかる言葉を省略してしまえば良いんです。
ーーー

そして、それを使えば、私のプレゼンの一つの課題、問題点が同時に解決するんです。

えーと、箇条書きって如何思いますか?

初対面の人に終始、箇条書きで説明するってアリですか?

人間で言うと無愛想な人ですよね、、そんなの、、
ーーー

お世辞なんて要りませんから、最低限、、ですます調で話して欲しいですよね!

でも、そのですます調って必要ですか?

これが今回私が新たな試みで行ったプレゼン手法です。

まあ、会社でやったら、上司に怒られるでしょうか、、
ーーー

別にですます調って要りませんよね!

株式会社って必要ですか?

株式会で意味が通じませんか?

全てを言わなくても分かる言葉ってあるんです。
ーーー

予測変換で出る言葉、、1文字だとあやしいですが、2文字、3文字入れると結構良い検索候補が出てきますよね!

まあ、漢字変換が何十年経っても馬鹿なのは放っておいて、、

要は、うしろは尻切れトンボでも構わないって事です。

うしろに続く言葉は、その前の文章で推測出来るのなら尻切れトンボになっても構わないんです。

予定調和で全て表示するよりも、文字の大きさを優先させた方が良いんです。
ーーー

キャッチコピーです。

別にそれだけで商品の内容を理解してもらう必要はありません。

キャッチコピーの役目は、どんな方法を使っても良いから、お客さんの気を引く事、足を止めさせることです。

それを補完できる説明があれば、別に尻切れトンボでも構わないんです。
ーーー

目立てば良いんです。

漫画のキャラクターって書き分けが出来てますよね!

特徴がありますよね!

アホ毛を画面に出しただけで分かるキャラも居ます。

後ろから、上半身と後頭部を書いただけでも分かりますよね!

全てを書く必要なんて無いんです。 書かなくても分かるんです。

まあ、今回はその手のテクニックを身に付けたってことです。

No.0948、
100点満点の上に300点、400点があるのが

芸術分野の怖いところです。

大体において、ゴールというのは、、その人の理想な訳です。

そういう見方をすると上には上がいる訳です。

井の中の蛙、、

そういう人にとっては、まあ、これは自分も含めてですが、

もっと良いものを見て勉強すべきです。
ーーー

世の中、300点、400点なんてザラに居ますから、、

下手すりゃ1万点という人もいる世界ですから、、
ーーー

審査が6分ほどで終わりました。

これでやれやれ、、当分、アプリの更新はしないぞ! と決意をした訳ですが、、

アプリストア上で自分のアプリを検索して、自分の目でプレゼン資料一式を見ると見劣りするんです。

毎回毎回、これ以上ないもの、、そういう考えで作っているプレゼン資料が見劣りするんです。

一時期は面倒臭くて、スクリーンショットそのまま、、今はそういうものではなく、プレゼンの意図がしっかりしているのに、、ピンと来ない訳です。

限界まで作り込んだはずが、見劣りするんです。
ーーー

これ以上は無理、、そう思っていたのですが、1、2時間考えると抜け道があることに気付きました。

結局のところ、自分の持ちネタ、引き出しが狭すぎただけだったんです。

現実にできる事って、理想と時間と現実にできることの妥協でしかありません。

文字が見えない、、これを如何するか、、そんなのは見える様にすれば良い訳です。

それが出来ないのは、それを行う引き出しがないだけです。
ーーー

言いがかりに近いことを自分に投げかけて行った訳ですが、抜け道が見つかった訳です。

自問自答することが大切、、つくづく思います。

ハイレベルのチューニングには欠点が存在します。

無難なことをやっていたら限界を攻めることは出来ないんです。
ーーー

その欠点の1つがハイリスク・ハイリターン、、

キャッチコピーを画像に被せるもの、、

そういう画像は、そのプレゼンが失敗したら作り直しです。

そして、そういう画像って、テンプレートがある訳ではなく、毎回毎回、文字の場所が違うんです。

連続写真の様に同じように文字を入れても微妙に位置が違って見苦しいことなんてザラです。
ーーー

それを高いリスクを取ったように見せかけて、リスクを抑えるのはプレゼンする人の腕の見せ所です。

まあ、私の場合、、潜在的な技量は高いので、問題点に気付くかどうかが問題なんです。

頭の中では解決方法が見つかったので、今から実験をしようと思ってます。

毎回、毎回、、アプリストアで画像を見て、、こんな筈じゃ無かったというのはレベルが低すぎです。

いい加減、それを事前に検証して妥当かどうか判断しないと、、

3枚1セットの画像です。

アプリストアの説明画像は、、1枚で完成した画像も3枚揃えると地味、、

そういう場合もある訳です。

これが自分の限界、、そう言い訳をしても、、世の中の基準に達してない、、そういうこともあります。

今回は、自分の殻を破ったという話です。