業務連絡です。

サンライズが怖いです。

Gyaoの無料放送で、「ボトムズ」と「スクライド」が同時に始まりました。

どちらも、YouTubeのサンライズチャンネルで後々、放映してくれると思っていたんですが、、

「ロビン」の時と同じ様に、、Gyaoで放送されるとは、、


「ボトムズ」には、、お約束が存在しません。

「レイズナー」と「ガリアン」を見ていて、、何だかなぁ、、

と思う展開があります。

敵側に、熱血感がいて、、嫉妬に駆られる女性士官がいて、、

それらが、、命令を無視して、、好き勝手に動き、、

それが主人公の助けになり、偶然助かる、、

そういう展開が見て取れます。

それに、主人公が駆るロボットは、、SPTは、、機甲兵は、、

堅い事が取り柄の、、ある意味平凡な機体です。

特別、強くもなく、、弱くもなく、、

主人公機と敵機との差はそんなに大きくなく、、

「ガリアン」に至っては、、敵の機甲兵、、3体に一度に攻撃されたら、、

かわしきれない程度の性能しかありません。

そして、主役機なので、、乗り捨てすることが出来ません。

だから、度々、ご都合主義的な展開があり、偶然が何度も重なり、ピンチを脱出するのですが、、

ユーチューバーって大変ですね!

幾ら、稼いでいようとも、、

自転車走行な訳です。

人によっては、毎日、投稿していますので、、

大変だなぁ、、と、、ネタを探すのも大変だなぁ、、と、、

結局のところ、私と状況は変わらず、、

最新の動画しか見てもらえないと言う事です。

これが過去の動画も安定して見てもらえるのであれば、、

2、3日に一回、、テコ入れが必要な状態から、、

1週間に一回、、気合の入った動画投稿で行けるのでしょうが、、


時事系ニュースをよく見ているのですが、、

その時事系ニュースを批判している「自称、現役司法書士」が、、

ツッコミどころの多い、事を言っていたりしたので、、

その方、、「少年革命家」、擁護の人間な訳です。

いつから、擁護になったのか? それは私には理解出来ないのですが、、

その「自称、現役司法書士」が、、「少年革命家」を批判的に報じる、、

「時事系のyoutuber」を攻撃し始めた訳です。

やっている事が無茶苦茶です。

「時事系youtuber」には、名誉毀損、営業妨害の疑いがある、、

賠償金を請求されるぞ、、って、、いう動画を、、何度も何度も、、

「時事系」に発信しながら、、

法律を遵守する側が、守る側が、、

「口先介入(脅迫、恫喝)」「営業妨害」をしているってんだから、、

昔のLEDゲームを作っている感じです。

日々勉強です。

私は私の常識の範囲内では、フルに力を発揮しますが、

私の常識と、他の人との常識は大きく異なり、

そして、他人の常識を強く強要されるとパフォーマンスが落ち、、

パニックになる訳です。


まあ、一般的に仕事が遅い訳です。

そして、遅く見えるのも、、多くの可能性を考えているからで、

それを、その機器の検査を一度ですらしたことがない人間から、

仕事が遅いと急かされるのは、

遅い理由、出来ない理由が、手順書の不備だったりする訳ですから、、

Windows7でのアプリインストール作業に、Windows2000の手順書を使っていた位ですから、、

出来ない部下を無能と罵るまえに、てめえの仕事をしろと言う感じです。

管理職は、、残業を何樹時間しても良い訳です。

少なくとも、10年前は、、

目先の仕事しかしない人間はいつまで経っても成長しない、、

部下の能力を100%使える環境を作るのが、管理職の組織の使命だと思うんですが、、

まあ、会社員としてはダメ人間でしたが、

会社の指示を無視して、不具合の可能性を潰していた訳です。

選択肢を間違えた訳です。

「ファントム」を期間ギリギリで見終わりました。

高校三年生が高校二年生になって殺される話です。

そこに、「サザエさん」現象が起こっているから、、

脳内補完と、情報の収集、整理をきちんとしないと、、

日本編ではパニックになります。

今回は、結構、大掛かりです。

いつもは、お出掛けの日に合わせて、前日までに検討できるものを

準備するのですが、2回連続、3回かな? 準備できずにそのまま出掛けています。

メンテナンスレベルまでシステムを分解しているので、組み立てることが出来ませんでした。

その部品を昨日見直していたんですが、、無駄が多いんじゃないか?

そういう考えに至って、、修正している最中です。


この部品も、、

改良は続けるも、、大きく構造は変わらず、、

アプリの最初期から使っているものです。

今までは、これを割り込みで監視させ、動作を実行していたんですが、、

本来は、それ単体で割り込みが入るもの、、

それを活かす周辺システムを結果的に作るだけの力がなく、

その使い方に満足していたんですが、、

「ゆたぼん」が大変になっているみたいですね!

ユーチューブで時事系のニュースをみています。

そこで、たまに「コメント」を書いたりしているんですが、、

G-mail、、本名で登録しているので、、

揚げ足取り的な、、コメントを悪意を持って返されたことがありました。

まあ、アプリ製作者なので、悪意のあるコメントへの耐性は少しありますが、、

まあ、気分が良いものではないので、、


「バイク」を半袖、半ズボンで乗って事故りかけた件について、

少なくとも、私が時事系ニュースで語られていない視点で書こうと思います。

クラファンで日本一周している訳です。

ところどころで、メディアに出て小遣いを稼ぎながら、、

そして、クラファンのリターンも「逢って、おごってもらうというもの」、、

つまり、行く日を連絡して、その場所には行くけど、、

そこで、発生した食費を含むイベント代は全て相手持ちな訳です。

バイクの件は時事系ニュースによると、、

初めは、エンジンを掛けて乗せるつもりではなかったみたいですが、、

トラブル時の対処法、

これをやっていこうと思います。

1ヶ月で出来るアプリが2ヶ月で出来るアプリになり、、

そして3ヶ月で出来るアプリになりました。

そして、今月中で完成するかと問われると、、

4ヶ月で完成するアプリになるだろうとしか、、言えない状況です。

当初考えていたシステムとは変わって来ています。

だから何回も作り直していますし、

1、2週間かけて作成したシステムを、、使い物にならないと、、

先日、削除したところです。


実際に体験してもないとわからない失敗とかあります。

別に失敗は良いんです。

繰り返さなければ、、少なくとも短期間に繰り返さなければ、、

さて、トラブルの対応方ですが、

問題点を見つけることです。

問題点を単純化することです。

パソコンでトラブルが発生した場合、、

問題が発生していない処まで戻ってから、、

何が問題か確認します。