No.0564、
今日のわんこ

俗に言う、IOS13の対応が完了しました。

私は基本何処かで、水面下で暗躍していたりするのですが、ここ2、3日は何も出来ず、という感じです。

いつも、やりすぎるとオーバーヒートしてしまう訳ですが、今回はガス欠、、、

ガソリンを入れなければ走れない訳です。

オーバーヒートなら、安静にしていれば、半日くらいで治るのですが、、、
ーーー

心と体にエネルギーが行き渡るまで何も出来ない訳です。

そしてオーバーヒートなら、他ごともやれた訳ですが、ガス欠は、、
まあ、車はガス欠になったくらいで完全停止にはなりませんが、バッテリーが生きているので、、、

でも、そのバッテリーくらいのエネルギーでは1歩も先に進めない訳です。
ーーー

アプリのトラブル対応の後に、IOS13の対応をやったものだから、オーバーヒート中に負荷の掛かる作業をやったものだから、、、

その後が大変でした。

体がイヤイヤと言い出すと作業を続けられなくなります。

そのイヤイヤをねじ伏せるだけのエネルギーが無いからです。

毎日、パソコンの前には居ましたが、体が拒否反応を起こしていることは出来ず、

それならば、とGyaoでアニメを見るも、、、
ノルマがあって先に消化しないといけない物があるのに、体に優しいもの(拒否反応を起こさない物)しか見れないとか、散々でした。

そしてネットサーフィンも10数時間やってりゃ飽きる訳です。
それを3日、30時間とかやってりゃ、、、

基本、アプリ開発があっての生活、そして他は煮詰まった時の暇つぶし、、、

基本、作る側の人間が消費に回ったら、、、

消費の方が疲れますからね! 実際、、、

ガセを含んだ情報の消費くらいなら良いのですが、ネット上では正しいことを見つけるのが非常に難しい訳です。

検索上位に表示される情報が正しいと言い切れないのです。

ちょっとでも正しさを求めたら、即オーバーヒートです。
ーーー

今は胃もたれ中、、、調子は完全ではありませんが、騙し騙しならなんとか動ける、、、

本調子に戻るにはあと数日掛かりそうです。

No.0563、
今日のわんこ

不幸というのは、立て続けに起こるので困ったものです。

まあ、人間 生きている間にはトラブルに囲まれている訳ですが、
知らず知らずの間にトラブルを解決しているのかも知れませんが、

そういうのって、気力と体力が充実しているから乗り越えられるのであって、
一度、気力と体力が底を突くと、、

まあ、それなりに回復に時間がかかる訳です。

昨日はそんな状況でした。
ーーー

自作アプリの話です。

ここ最近、1、2ヶ月くらいかな?

新機能を追加したりしている訳ですが、

新機能を追加するということは、システムが不安定になるということです。
ーーー

不具合が少なくなっているところに、新しく不具合がある可能性がある新機能を組み込む訳です。

まあ、それなりに気を巡らせてデバックする訳ですが、
IPhoneのアプリって1本のアプリをリリースするという感覚では無くて、
同時リリース8本とかやっている様なものです。

IPhone,IPhoneX,IPad,IPad Proの基本4種
それを日本、英語版、、それで全8種類

プレゼン資料のことは置いておいても、
アプリ内では半自動で、その機種に適した画面を作成しますが、
たまに変換に失敗するので、設定の不備で気が許せません。
ーーー

結局のところ、自分との馴染みの薄い機種も同時リリースする訳ですから
X系を持っていない開発者にとっては、X系のデバックはおざなりになりがちです。

デバックをやったつもり、、、それで通り過ぎてしまうこともあるわけです。

まあ、そういう不具合をリリースから1ヶ月過ぎてから気付いたりして、
直したりしていた訳ですが、同じ様に内部仕様的におかしなところとか、、、

開発効率を優先させるため、同時期に作成されるアプリの基本設計は同じです。
そして、利用できるパーツは利用する訳ですが、
加工した上で再利用というパーツも珍しくありません。
ーーー

こういうのは厄介です。

問題なく動いているように見えます。

そういう不具合を別の機会で偶然見つけて慌てて直したりとかしていたんですが、
ーーー

IOSがバージョンアップされました、それに伴い、アップル純正の開発環境も「改悪」されたのですが、

どうも、アップルってアパレル業界的な考え方が根にあるようで、

ある日突然、黒を白と言い張る訳です。

服の流行ってそんなものですよね?
ーーー

去年を全否定して陳腐化させて新しいものを売る訳ですが、

でも、世の中には流行に左右されない定番ものってあるわけです。
変えちゃいけないものって、、、

大売れしないが、需要は無視できない、そして数が予想出来るもの、、、
そういうものは、誰からのプッシュも必要ありません。
ーーー

アップルは時に、そういう定番ものを「全否定」するわけです。

これは開発者にとって迷惑以外のものはありません。

別の言い方をすると、こなれて安定した機能が実は全くダメでしたと暴露しているようなもので、
私に言わせれば5年、10年先を見通せないの?って思う訳です。

自称、エリートさんたちは、、、
ーーー

でも、これを意図的に行っているとしたら?

車検みたいに、運転免許の更新のように、
機械ものなので可動部があるものは、故障が無いか定期的に確認する必要があります。

運転免許もドライバーの身元確認という側面があります。
運転免許場に行く、あれは警察に出頭していると言い換えることが出来ます。

こういう、チェック、金儲けの機会を意図的に入れているとしたら?
ーーー

古いアプリ、売れないアプリの排斥という側面があります。
アップルはたまに、そうやって意図的に互換性を無くし、正常に動かない仕掛けをすることがあります。

今回、私が嫌がらせを受けたのは、「通知の許可」と「写真へのアクセスの許可」
そんなのは、極々、平凡な、昔から実装されている機能のはずです。

今更、この機能の外から見た動きを、細かい挙動まで含めて変えられたら、、、

この機能を呼び出した時点で、アプリの初期設定、インストーラがそこで中止してしまいました。

それに気付いたのが、1、2週間経ってから、、
そんなの私の責任でも何でもありません。

作り込んで完璧だと思っている箇所まで、全てチェックする余裕なんて個人開発者にはありません。

でも、ダウンロードしてくれたお客さんには注意喚起が必要な訳です。

そして、今からダウンロードしようと考えてくれているお客さんに対しても、、、
ーーー

これって、自分のアプリのサポートページ上でリコール情報を流すようなものです。
個人開発者はこれだけでダウンロードが落ちます。

そして、それを知らんぷりしていてもダウンロードが落ちます。
アプリの★評価とコメントに悪評を書かれたらそれまでなんです。
ーーー

そして、それを挽回するには無かったことにするには、新しいバージョンのアプリをリリースするだけ、、、

基本、人の指図を受けるのは嫌いです。
個人でやっているのに、人に指図されるって、、違うでしょ?

クレーム対応ってのは、対応時間が命です。
時に、無理して非人道的な工程での作業になろうと、損失を最小にしたいのならやるしか無いのですが、、、

その原因が、私では無く、他者って、、、
ーーー

個人がやっていることのメリットって、

工程を自分で決められることです。

金儲けで無く、趣味でやっているのなら尚更、、

それを、下手すりゃ体を壊してでも対応しろって、、、おかしく無いですか?

スマホ本体との情報のやり取りなんて極力やりたくないです。
私の場合、大抵の重大な不具合って、これが原因です。

No.0562、
今日のわんこ

今シリーズのジョジョは、『ジョジョの奇妙な冒険 Parte5 黄金の風』

スタンドが見えない一般人にとっては理不尽に、巻き添えをくって死んでいく話です。

主人公のモチーフが「お医者さん」

「お医者さん」が「伝染病」と戦う話です。
ーーー

ちゃかして書いていますが、それを着想のひとつとして持っていたのでは? というくらい

「お医者さん」と「伝染病」「奇病」の戦いです。

「呪い」との戦いと言ってもいいかな?
ーーー

話の初っ端からして「予防接種」で人が死んじゃう話ですし、、、
または、影に足を踏み入れると死、、、

ナランチャは体が小さくなる「奇病」に掛かりました。

列車の中では体を冷やしていないと老化で死んでしまう「奇病」が流行りましたし、

フーゴは病原体を持っているし、、「特効薬がないので感染したら死しかない厄介な物を
抱えているし、、

ナランチャは突然、思春期になるは、、、本当のことが言えず、嘘を言ってしまう病気に心の病気に掛かるは、、

ジョースターの血縁が掛かる奇病、「飛行機に乗る」必ず墜落するという「奇病」をジョルノが発病するは、、、

突然の貧血、体の中からカミソリが出る「奇病」に掛かって死にかけるは、、

階段を降りると死ぬ「呪い」を受けるは、、
ーーー

まあ、ろくでも無いです。

その他、面倒なので書きませんが、父親の介護のためギャングに入るとか、
目の病気を患うとか、、、

病気、病院を連想させる描写が異様に多いです。

本シリーズでは明言しています。
スタンドはウイルス性の感染症に掛かった患者が、生き残った患者が掛かる後遺症だと、、

知ってて書いていますが、ちゃかして書いていますが、、そう言い換えてもおかしく無いくらい類似点が多いです。